• MAKE LIFE A RIDE.

いろいろと手を加えてます

 

まずは納車時にお願いしておいたR-Style社製のエンジンガード

img_2470

 

そして複雑な電気系統を自身でいじりたくなかったのでDAYTONA社のUSB電源サプライも

img_2450

 

納車前に予めネットで注文しておいた R-Style社製のナビゲーションステーは自分で取り付け

img_2444

だからUSB電源は納車時はタンクの上にテープで仮どめの状態で、帰宅後にナビステーを取り付けてから2つ上の画像のようにきちんと取り付けた

 

アマチュア無線のアンテナの基台は、クルマのルーフキャリア用をタンデムバーに取り付けてみた

img_3241

 

ここまでで一番試行錯誤したのがトップケースのベース

純正のトップケースは高いし、以前から使っていたGIVI V47がまだ劣化なんかしていなかったので、引き続き乗せたかった

デザインも合うと思ってたし

DIY用品店でいろんな部材を買い、取り付けた過程がこちら

L字のアルミ板(厚さ3mm)を加工し

img_2689

純正のキャリアに下の画像のように装着

img_2691

上から見ると

img_2685

もちろん、ベースの前方も別の部材を使って純正キャリアにがっちり装着している

そしてキャリア上のエンブレムを保護するために薄いゴムシートを挟んである

img_2683

V47を乗せると

img_2491-%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

 

 

無線の、発射する相手側の受信状態が良くないようなのでマイクなどを調べてみたが、どうやらアンテナが怪しいと考え、基台を替えることに

取り付けに自信はなかったがササキスポーツクラブのK1600専用基台を購入

こういう時にこそ、同じK1600のオーナー様たちのブログが大変役に立ちます

皆さま、ありがとうございます

無事に装着できた画像は・・・

img_5626

キャリアを外して、リアフェンダーを外して・・・の詳細は省略しますがスムーズに行けば、元通りの組み立てまで30〜40分の作業です

すっかり送受信の状態が安定しました。

その他、NAVI Vのざっくりとした地図では頼りないので、x-guardのステーを使い、iPhoneをナビステーに取り付け、詳細地図にしています

無線機 FTM-10Sのコントロールパネルもナビステーに

 

今考えているのは

雨天走行時に両腕が濡れるのは仕方ないのだろうか

もう少し幅の広いシールド、高さのあるシールドに替えたい

マフラー・・・高いから純正のままでイイや